質問への回答(総合教養B)

課題を送信した際,「回答を記録しました」と表示されれば提出されています。
(この件での問い合わせは控えていただけると助かります)

🔻各回のタイトルを選択するとその回にジャンプします。
授業の進め方に関して
第11回:ダークトライアド(パーソナリティ心理学)
第12回:自分を知る(自己心理学)
第13回:人を助けるのは正義なの?(道徳心理学)
第14回:親密な関係の問題(社会心理学)
第15回:自己実現のために(ポジティブ心理学)


授業の進め方に関して

Q. 授業のワークシートは印刷などして記入し、持っていればいいのですか?
A. 提出は不要です。データでも印刷でもお好きな形でご覧ください。


第11回:ダークトライアド(パーソナリティ心理学)

Q. ダークトライアドの人は遺伝的な側面が強いとありますが、親がそうであっても子どもに影響させない方法があるのか気になります。
A. 遺伝的な影響は強くても,子どもにダークトライアド傾向がどの程度発現するかは(様々な遺伝的・環境的な相互作用があるので)わかりません。少なくとも社会化のプロセスの中で必要な行動様式を身に着けていくことで,社会生活は送りやすくなるでしょう。つまり,成長する環境も遺伝と同様に重要ということです。

Q. ダークトライアドは遺伝子的な側面が強いとありますが、少しでも直していく方法はありますか?
A. 社会適応という意味では,行動パターンを自覚して修正する方法がよいと思います。しかし,自分がダークトライアドかもしれないというのはまた別の問題です。心配や不安が強い人が自覚しやすいということもあるかもしれませんし,実際のダークトライアド傾向の強い人は自分がそうかもしれないとは考えないかもしれません。

Q. 多くの人に対して攻撃的で、他人の悪口が多い人がいますが、パーソナリティ等は関係ありますか?
A. サディズムの傾向が強い人は他者に対して攻撃的になりやすいです。しかし,特徴だけをみればパーソナリティ以外にも原因となるものはあるかと思います。

Q. ダークトライアドの人が身近な人と知った場合、これまでの接し方とこれからの接し方で何か変えた方がよい点はあるのでしょうか?
A. 困っていることがないのであれば変える必要もないと考えられますが,身近な人との関係で困っている・悩んでいるのであれば問題に応じて相談することが望ましいでしょう(これはダークトライアドに限ったことではありません)。また,基本的に他者の行動・考えを変えることは難しいので,接しづらい・扱いづらい人とは距離を置くほうが精神的健康にとってはよいでしょう。


第12回:自分を知る(自己心理学)

Q. 苦手な自己開示をするコツは何ですか?
A. そもそも無理に自己開示をする必要はありませんが,社会的には求められる場面も多いかもしれません。緊張したりあまり人に知られたくないなど様々な思いはあると思いますが,予め「開示する内容を決めておく」と楽だとは思います。

Q. 外国人はなぜあんなに自己肯定感が高いのですか?
A. 逆に日本人をはじめ,東洋人は自己卑下的であるとも言えます。ただしそれはあくまでも人に伝えるための表面上のスタイルであって,実際に低いかといえばそれほどではないようです。謙遜が美徳とされる社会では自己卑下的に振る舞ったほうが適応的で,欧米の一部の国のように個人主義的・自己主張的な社会ではポジティブに振る舞うことが求められるのでしょう。

Q. 自尊心を安定させるにはどうしたらよいでしょうか?
A. 自尊心は「他者から受け入れられている状態」を示す側面もあり,人に認めてもらったり受け入れられることで満たされる場合もあります。他者とのつながりを大切にすることが安定につながるかもしれません。


第13回:人を助けるのは正義なの?(道徳心理学)

Q. 暴走トロッコ問題で、多くの人が選択するのがどちらなのか気になります。
A. 1つ目の質問には多くの人が「5人を助ける(切り替えスイッチを押す)」と答え,2つ目の質問には「突き落とさない」という選択をする傾向があるようです。一般的に,間接的に関わる場面では合理的に考えて「1人より5人」と判断するのに対して,直接的に自分が手を下すことに抵抗感があるようです。これは,「人数」レベルで見れば同じ問題であるにも関わらず,道徳の問題に「感情」が強く関連することを表しています。


第14回:親密な関係の問題(社会心理学)

Q. 男性に浮気はつきものだという事を聞ききますが、なぜ女性はそう言われないのですか?
A. 実際は男女ともに浮気はしますが,女性の方が社会的に言及されにくい文化的な風潮はあるかもしれません。

Q. 恋愛感情と、友愛などの他の感情はどのように区別するのでしょうか?
A. 愛情の三角理論によれば,情熱愛と友愛は「親密性」の点では共通していますが,それぞれ「情熱」,「コミットメント」の点で特徴は異なります。情熱愛は文字通りロマンティックな感情が伴いますが,友愛では関係継続が重視されます。なお,個人レベルで自分の感情を正確に認識することは難しいです。また,感情を認識する際に,どのように「ラベル付け」するかという問題もあります。捉え方一つで感情の名前も変わってしまうかもしれません。


第15回:自己実現のために(ポジティブ心理学)

Q. 耐えられない逆境の場合、どのような対処法がありますか?
A. 「耐えられない」の状況によりますが,心理療法・カウンセリングを受けることで治療する場合もあれば,環境を変えることで逆境を抜け出す場合もあります。基本的には「自分にとって望ましい状態を作るためにどのような方法を選択するか」という問題ですので,「逆境」という視点ではなく,困っていること・悩んでいることの「問題」を誰かに相談したり,支援してもらうことで解決するという方向になります。